現在のページ位置



リスクについて

FXのリスクを知る。

証拠金を使った外国為替取引では、高いリスクをもっており、すべての投資家にあったものではありません。高い倍率をかけた取引では、損失が大きくなることもあり、同様に利益も大きくなることがあります。あなたは外国為替取引を行う前に、投資目的、自己の投資経験、どこまでリスクをとれるか、などについて考えるよく必要があります。潜在的には、投資資金のすべてをなくす可能性もあります。教育資金、老後の資金など、なくすべきでないお金を投資すべきではありません。外国為替取引のすべてのリスクを理解しておくべきであり、わからないことがあれば金融についての助言者などにアドバイスをもらうべきです。

  1. レート変動リスク
    為替レートが変動することで、ポジションを持っているときに損失が出る可能性があるというリスクです。相場の変動がいつも思いどおりに動くとは限らず、損失が発生してしまうこともあります。為替レートには、証券取引や商品先物取引とは違いストップ高やストップ安などの値幅制限がありません。このために、大きな利益が期待できる反面、多大な損失が発生する可能性もあります。
  2. 金利変動リスク
    外国為替取引ではポジションを持つとスワップポイントの受け払いが発生します。通貨ペアを構成する2つの通貨の金利水準が変動することにより、受け取れるスワップの金額が増減したり、ときには受け取りから支払いに変わったりします。
  3. 流動性リスク
    主要国の通貨(ドル、円、ユーロなど)では非常にまれですが、市場参加者が少なくなると市場が機能しない瞬間が生まれます。大きな事件が起きたり、重大なニュースが流れたりすると、市場参加者が一斉に売りや買いに走ったり、或いは取引を手控えてしまいます。そうなると、新規にポジションを作ることも手仕舞うこともできません。これが流動性リスクです。主要国通貨では比較的小さいのですが、スワップの受け取りが多いからといって、むやみによく分からない新興国通貨のポジションを大きく持ちすぎると、時に流動性リスクの為に思わぬ損失を被ります。このリスクは利益につながるものではないので、なるべく避けたいリスクです。
  4. 信用リスク
    証拠金取引は為替証拠金取引取扱業者との相対取引です。万が一、為替証拠金取引取扱業者が倒産したときに、証拠金や利益金が返還されないリスクがあります。最近はそういった事が起きないように各社工夫をしています。通常は、各為替証拠金取引取扱業者は、お客様からお預かりした証拠金等を信託口座に預けておりますので、お客様の資産は保全されるようになっています。為替証拠金取引取扱業者は、金融庁(財務局)への届出が義務付けられています。まずこの登録番号があるかどうか、さらには、顧客から預かった資金の分別保管が適正に行われているか、などを、必ず確認してください。
  5. レバレッジしていることでのリスク
    外国為替証拠金取引の大きな魅力は、レバレッジ(テコの原理)が使える点です。レバレッジとは元手資金の数倍〜数十倍の取引を行うということであり、小さな資金で大きな利益を得る為には欠かせない仕組みです。ただ、大きな利益を期待できる半面、レートが思惑と違う方向に動いた場合の損失も同じく大きくなるのでリスク管理と配慮が必須なのです。
    レバレッジの限度は外国為替証拠金取引取扱業者によって決められていますが、皆さんの意思でレバレッジをコントロールすることもできます。
    限度一杯にまで、資金を使う必要はまったくありません。時には敢えて、保有するポジションを少なくして、レート変動リスクに備える事も必要です。